避妊の為に|高齢の不妊を解決する医院を見つける|女性に安心の病院探し

高齢の不妊を解決する医院を見つける|女性に安心の病院探し

カウンセリング

避妊の為に

ドクター

ピルが避妊できる仕組み

ピルというと、女性が避妊するために確実でとても安全に行うことができる薬です。ピルが避妊できる仕組みは、主に排卵を止めることで妊娠を防ぐことができます。そもそもピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれています。服用することで、この女性ホルモンが脳下垂体に働きかけて、卵胞を成熟させるのを抑えてくれます。その他にも、受精卵を着床しにくくしたり、精子を子宮に入りにくくするなどの作用をもたらします。そのため、妊娠を防ぐことができます。 低用量ピルは病院で処方されますが、保険適用外となります。なので、実費になりますが、一ヶ月にかかるピルの値段は2000円から3000円ととてもリーズナブルです。なので、気軽にピルによる避妊は行えます。

服用する時の注意点とは

近年では、避妊目的でピルを服用する女性がふえています。ですが、何も知識を持たずに服用すると、命に危険が及ぶ場合があります。 ピルには、副作用として血液を凝固させる働きがあるからです。ピルに含まれる女性ホルモンは、血液を固める成分の合成を促します。よって、服用していると、脳や心臓に血栓ができるリスクが上がると考えられています。 その他にも、服用すると吐き気や頭痛、むくみ、乳房の痛みなどの症状が起こることもあります。これらの症状は、数日経てば治まることが多いです。 上記のように体に異常をきたす例もあるので、服用する場合は、きちんと医者と話し合うことが大事です。十分に説明してもらい、納得して服用した方が良いです。