多様な使用例|高齢の不妊を解決する医院を見つける|女性に安心の病院探し

高齢の不妊を解決する医院を見つける|女性に安心の病院探し

カウンセリング

多様な使用例

ウーマン

ピルと言えば避妊薬のイメージが強いですが、避妊以外にも月経困難症やニキビの治療などに使用されることがあります。ピルには含まれるホルモンの量によって中容量や低用量などの種類がありますが、避妊薬として使用する場合は低用量ピルが処方されます。避妊目的のピルの処方の場合は、健康保険は適応とならず全額自己負担となりますが、月経困難症などの治療薬として処方される場合は健康保険が適応される場合もあります。ピルには数多くの種類がありますが、低用量の場合の平均的な価格は3千円前後のものが多くなっています。日本でピルを手に入れる場合は医師の処方箋が必要ですが、最近では個人輸入で購入することも可能で、医療機関で処方されるより安く購入することもできます。

日本では欧米などに比べると、避妊薬としてピルを使用している人は少ないと言われています。これは文化の違いなどもありますが、医療機関で処方してもらうには保険が適応にならないため、継続して服用するには経済的負担が大きいことも普及しない要因の一つと考えられます。ピルは海外製品も多いため、本来であれば医師の処方が必要な薬ではありますが、個人輸入で購入することも可能になっています。現在では個人輸入の代行をしている医薬品サイトが数多くあり、必要な物が簡単に入手できる便利な時代になりましたが、一方で偽物を販売している業者が摘発されるなどの問題も指摘されています。個人輸入は何があっても自己責任となるため、信頼できるサイト選びが重要となります。